アイスクリーム

妊活ヨガとは

妊活をしている人の中には不妊治療をしている人やこれから始めようと思っている人もいるでしょう。
不妊治療は辛いことも多く、なかなかうまく行かずに追い詰められてしまうことさえあります。
そこで、心身ともに整えてくれる妊活ヨガが注目されているのです。

ヨガは元々、女性の悩みに効果があるものが多く、妊活中でなくてもメリットがあります。
妊活のため、と気負わずに日頃から続けて行うことで、健康な身体を手に入れるだけでなく、リラックス効果やダイエットなどの成果が得られます。
不妊治療は成果が出ないとストレスがたまりがちなものですが、ヨガはやった分だけきちんと成果が出てくれます。
妊娠のためだけでなく自分のため、さらには妊活のモチベーションを保つため、身体的にも精神的にも効果があるのです。

女性に多い冷え性や生理不順は、妊娠のためには大敵です。
ヨガはポーズをとることも大切ですが、それ以上に呼吸が重要です。
深い呼吸をすることでリラックスしたり、自律神経を整える効果があり、普段動かすことの少ない部分の筋肉を使うことで身体の血流がよくなったりします。
その結果身体のむくみが取れたり冷え性が改善され、ずれてしまった内臓の位置を元に戻すなどの効果もあります。
激しい動きはなく、どんなポーズをするか、どのくらいの時間行うかなどはその日の体調に合わせて決めることができます。
そのため、生理や不妊治療の影響で体調が優れない時でも、無理せずに続けることができます。

ヨガのポーズは難しいと思っている人も多いかもしれません。
実際に難しいポーズも多いですが、初心者でも簡単にできるものも多くあります。
レッスンに通わなくても、DVDや動画などを見て自分で行うこともできます。
月のポーズは、ストレッチのような動作を呼吸を整えながらゆっくり行うもので、子宮へ向かう血流を活性化させてくれるので、排卵しやすい身体を作るのに役立ちます。
身体がかたい、体力がないという人でもできるのでおすすめです。
椅子のポーズは、スクワットに似ているのですが、膝を曲げるのではなく腰を少し落とすといった感じなので、さほど体力は必要ありません。
骨盤の周りの筋肉を動かして子宮を正しい位置に収める効果があります。
また、全身の筋肉を使うため、基礎代謝が上がりダイエットにもつながります。
肥満も妊娠には良くないので、妊活とダイエットを兼ねた椅子のポーズは効果的です。

ヨガの最大の魅力は無理をせずに続けられることです。
ポーズをとるのすら辛いという時には、ヨガの呼吸法を行うだけでも効果があります。
自分のペースで続けることのできる妊活ヨガを、心身の健康のためにも取り入れてみてはいかがでしょうか。