アイスクリーム

つわりが始まるタイミングはいつ?

仕事を続けながら妊活をしている人にとっては、いつ頃からつわりが始まるのか、それによって仕事に支障が出ないかなどはとても気になることだと思います。
では、一般的にはつわりの時期というのはいつ頃なのでしょうか。

早い人では、妊娠4~5週目くらいからつわりが始まるようです。
この妊娠4週目というのは、大体生理予定日頃のことです。
妊娠0週0日というのが最終月経開始日で、そこを起点として数えていきます。
生理が28日周期の場合、妊娠4週0日が次の生理予定日ということになります。
市販の妊娠検査薬で妊娠がわかるのがだいたい妊娠予定日の1週間後なので、妊娠を疑って病院に行った時点では5~8週くらいということが多いようです。
ということは、妊娠4週目ですでにつわりが始まった人の場合、ドラマなどでよく見かけるようなつわりで妊娠が発覚する、ということもあるのです。

つわりのピークは妊娠8~11週頃で、それを過ぎると落ち着いてくる人が多いです。
多くの人がつわりを感じるのは妊娠初期ですが、中期や後期にもつわりがある人もいます。
ですが、ずっとピーク状態ということはまれで、安定期といわれる妊娠5~6か月頃には治まってくることがほとんどです。
初期にはつわりがなかったのに、後期になってつわりが起きることもあります。
後期のつわりは主に大きくなった子宮に胃などの内臓が圧迫されることによって起きるので、初期のつわりとは原因が違います。
初期だけ、後期だけの人もいれば初期も後期もつわりが続く人もいて、つわりの期間は人それぞれです。

つわりは時期も症状も程度も様々です。
吐いてしまうだけでなく耐えられないほど眠くなったり、よだれが止まらなくなったり、人によって全く異なります。
逆に、つわりのような症状はなかったという人もいます。
一人目の時にはつわりがあったけど、二人目はなかったということもあり、妊婦さんの体質だけではなく、妊娠毎にその都度違いがあるのです。
後期つわりは子宮による圧迫が原因ですが、初期のつわりの原因は実はよくわかっていません。
ホルモンバランスの変化が関連しているのではと言われていますが、全くつわりのない人がいたり、症状が全く違ったりする理由はわからないのです。
病気とは違い治す方法があるわけではないので、妊婦さんは症状が落ち着くまでひたすら耐えるしかないというのが現状です。

どんなに長く辛いつわりであっても、赤ちゃんが産まれてくれば終わりが来ます。
つわりが辛くても、産まれてきた赤ちゃんを見たらそんなものは吹き飛んでしまった、という人もたくさんいます。
とはいえ、あまりにもひどいつわりは我慢せずに、お医者さんに相談するようにしましょう。