アイスクリーム

妊娠中に辛いものは食べても大丈夫?

いつ妊娠しても良いようにと妊活をしている人にとっては、妊娠初期には避けた方が良い食べ物はなるべく避けたいですよね。
辛いものは好きという人も多いですし、食べる機会も割と多いでしょう。
本当に食べてはいけないのでしょうか。

辛い物が良くないと言われるのは、唐辛子やスパイスなどが刺激物だからです。
健康な人でも食べ過ぎることによって胃腸が荒れたり、排便の際に刺激になり、痔になったり痛みを伴うことがあります。
妊娠中は過敏になる場合もあり、いつもであればなんともない量であっても胃もたれを起こしたり、胃が荒れて吐き気を起こすこともあります。
とはいえそれは一時的なもので、妊婦さんが辛い物を食べたからと言って、その成分がお腹の中の赤ちゃんにまで届くわけではありません。
食べ過ぎが良くないのは辛くない物でも同じことなので、適量を食べる分には問題ありません。

ですが、気をつけなければいけないこともあります。
辛いものにも種類がありますが、カレーは食べ過ぎに注意です。
脂質やカロリーが多いため、肥満の原因になりやすいためです。
また、妊娠中には避けた方が良いスパイスがいくつかあります。
ウコンやナツメグ、セージなどのスパイスには、子宮の収縮を促す作用があると言われているため、妊娠中に摂ることで早産などのトラブルの原因になる可能性があります。
特にウコンはカレーには必ずといっていいほど使われています。
もちろん少し食べたくらいでは問題ないのですが、カレーはついつい量を食べてしまいがちです。
妊娠中にはいつもより食欲が増してしまう人も多いので、注意が必要です。

もう一つ気を付けた方がいいのは、キムチです。
キムチは漬け物なので塩分が高く、少しの量でも塩分過多になりやすいのです。
妊娠中は高血圧になりやすく、妊娠中毒症になる危険性があります。
これは母子共に危険で、妊婦さんは高血圧だけでなく脳出血や腎臓・肝臓の機能障害などを起こしやすくなり、赤ちゃんは発育不全や胎盤早期剥離、最悪の場合お腹の中で亡くなってしまうこともあります。
キムチに限らず他の漬け物類にも注意ですが、キムチは辛味があるため実際の塩分量と比べてしょっぱく感じにくいので、一度にたくさん食べてしまいがちです。
また、韓国や中国産のものは、寄生虫や衛生面などの不安もあります。
どうしても食べたい時には、国産のできれば減塩のものを選び、いつもより少なめを心掛けるようにしましょう。

辛い物も適量をきちんと守れれば妊活中や妊娠中に食べても問題ありません。
体温を上げ血行を良くしてくれるので、一概に悪いというものでもないのです。
我慢してストレスをためるのも良くないので、他の食事とのバランスを取りながら、自分にとっての適量を見極めて食べるようにしましょう。