アイスクリーム

母子同室の病院ってなに?

病院にもよりますが、妊娠が発覚してすぐに予約を取らないと分娩ができないということがよくあります。
そのため、妊娠を確認するために病院に行く時には、出産したい病院に行くようにするとスムーズです。
ということは、妊活中には病院を選んでおく必要があるということです。

場所や設備や料金の他に、分娩や食事の内容など、病院選びの基準は様々です。
そんな中で出産経験の無い人が見落としがちなのが、母子同室かどうかです。
母子同室かどうかというのは、産後から退院までの間、赤ちゃんがどこにいるかということです。
産院には多くの場合、新生児室とお母さんたちが入院する病室があります。
母子同室の場合は、お母さんと赤ちゃんの体調が落ち着いたら、赤ちゃんは新生児室からお母さんの病室に移動してきます。
母子同室ではない病院の場合は、授乳の時間にお母さんが新生児室に移動して、授乳やおむつ替えなどのお世話をします。
母子同室と言っても病院によってシステムは様々です。
完全に一日中一緒という病院もあれば、夜の間は新生児室で預かるなど、時間を決めている場合もあります。

母子同室の場合のメリットは、なんと言っても赤ちゃんと常に一緒にいられることです。
退院後をイメージしてお世話をしやすいですし、赤ちゃんのペースをつかみやすいので授乳のリズムもできやすいです。
好きな時に抱っこすることもできますし、お見舞いに来てくれた方にも近くで赤ちゃんを見てもらうこともできます。
入浴や買い物などで部屋を離れたい時や、赤ちゃんが寝てくれなくて全く眠れていないなど、困った時には看護師さんに任せることもできます。
退院前から赤ちゃんと2人で過ごすことで、育児の疑問や不安が早いうちにわかり、看護師さんに聞いておけるというのも安心です。

そんな母子同室にもデメリットはあります。
夜も病室で一緒に過ごす病院だと、赤ちゃんが泣いたり寝てくれなかったりして寝不足になり、ゆっくり休めないことも多くあります。
難産だったり帝王切開の場合はあまり動くと身体が痛んだりすることもありますが、立って抱っこしていないと泣き続ける赤ちゃんもいるので、お母さんは心身ともに疲労してしまいます。
大部屋の場合、他の人たちがみんな寝ている時に、自分の赤ちゃんだけが泣いているといたたまれなくなり、泣きやませないといけないとストレスに感じてしまうこともあります。

母子同室には向き不向きもありますし、病院のシステムによってもだいぶ違います。
手伝いに来てくれる人がいるかどうかによっても変わってくるので、妊活中によく考えておきましょう。
候補の病院で実際に出産した人に話を聞いたり、口コミを調べたりして、自分にあったスタイルの病院を選ぶようにしましょう。