アイスクリーム

子供の名付けはどう行うべき?

近年キラキラネームと呼ばれる名前が増えています。
元々名付けの傾向は時代とともに変化していて、古風な名前や今風の名前など様々です。
一番いい名前をつけたいという気持ちはみんな一緒です。
では、どのように名付けを行えば失敗しないのでしょうか。

赤ちゃんの名前は性別がわかってから考えるという人が多いようですが、ギリギリまで性別がわからないということもあります。
性別がわかってからいざ考え始めたら、なかなか決まらずにどんどん予定日が近づいてくるというのもよくあることです。
また、最初は女の子と言われていて女の子の名前を考えていたら、やっぱり男の子だった、ということもあります。
なので、性別がわかる前からある程度考え始めておき、男女両方のパターンを用意しておくのがベストです。

キラキラネームは若い親だけでなく、意外と高齢の親がつけていることも多いです。
子供にとって一番良い名前をと考えるうちに、他の子とは違う特別な名前を、とつけることが多いようです。
幼稚園などで集団生活をするようになってから、名付けに後悔するということも多いようです。
妊娠中は夫婦やごく近い身内のみで名前を考えるので、周りの人がどう感じるかという観点が抜けてしまうからです。
また、出産が近づいてからキラキラネームだと感じる名前を友人などが聞いても、今更変えられないだろうと否定できなかったり、本人が聞く耳を持たなかったりします。
妊娠中はマタニティハイという状態になる人もいて、そういう人はキラキラネームを付けやすく、人のアドバイスも聞かない傾向にあります。
できれば妊娠してからではなく、妊活中からある程度決めておいた方がいいかもしれません。

まだ妊娠もしていないのに、名前を考えるというのは抵抗があるかもしれません。
特に不妊治療中の人にとっては、もし妊娠できなかったら、と考えてしまうかもしれません。
そういう人は、漠然とした名付けのルールを決めておくといいかもしれません。
たとえば、産まれる季節に関係した漢字を使いたい、両親の名前から一文字とりたい、という感じです。
止め字を決めておくのもいいでしょう。
止め字というのは、名前の最後の文字で、男の子であれば介や太、女の子だと子や美などです。
止め字が決まっているだけでも、日本人らしからぬ読みのキラキラネームは防ぐことができます。

他にも小さな子供のいる親戚や友人に、周りの子の名前の傾向や、キラキラネームと感じる名前を聞いておくと参考になります。
また、親戚や友人の子供の名前とかぶってしまわないように、漢字も含めて確認しておくとトラブルを防げます。
夫婦だけで考えず、周りの人の意見も聞くようにして、良い名前を考えてあげましょう。